手のしびれについて

腕の神経

末梢神経は感覚と運動を支配しています。腕や手を支配する神経はほとんどが首の骨の横から伸びていますが、理由が何であれ物理的にストレスを受けると、痺れや筋力低下を生じる原因となります。

ここでは「しびれ」という言葉を使っていますが、神経由来の感覚の異常は人によって感じ方は異なります。単なる痺れ以外にも鈍い痛み、ザワザワした不快な感覚、あるいは皮膚感覚が鈍くなったりと様々なパターンがあります。

例えば整形外科で手や腕の痺れを訴えた場合は、まず間違いなくレントゲンを撮られた後に首のせいにされます。もちろん実際に頚椎やその椎間板が手の痺れの原因となっているケースもあります。しかし割合的には首以外の構造が原因となっているケースの方が多いのです。

神経については文章で説明してもイメージしにくいと思いますが、神経伝達を川の流れに例えると理解しやすくなります。背骨の両脇から出ている抹消神経の根っこは神経根と言いますが、これは言わば川の源流です。ここから流れは体の抹消に向かって枝分かれしながら指先まで伸びていきます。

その経路の途中のどこででも、物理的に流れがせき止められれば腕や手にしびれを引き起こします。まず治療以前に、何が原因で手が痺れているのかを突き止める事がとても重要です。

手のしびれの原因

ここでは直接的に腕や手の痺れの原因となる組織や構造をいくつか挙げてみます。

椎間板

頚椎椎間板ヘルニア

腕や手を支配する神経根の近くには椎間板があります。椎間板の状態次第では神経にストレスを与えますので、腕や手の痺れや筋力低下の原因となります。ストレスを受けている神経によって症状が出る部位は異なりますが、頚椎の椎間板が原因となっている場合は、首の動きや頭の位置の変化によって痺れがきつくなる等の変化が生じる傾向があります。

筋肉

小胸筋

抹消神経は背骨の両脇から出た後、様々な経路を通りますが、筋肉と筋肉の間や筋肉と骨の間も通ります。ですから神経の通り道にある筋肉が硬くなる、あるいは繊維化や肥厚などがあると神経に物理的にストレスを与えます。例えば上の図の小胸筋は腕や手の痺れの原因として代表的な筋肉です。

トンネル

手根管症候群

体の中には血管や神経、筋肉の腱が通るトンネルのような構造がいくつか存在します。例えば腕や手には尺骨神経が通る肘部管、橈骨神経が通る橈骨管、正中神経が通る手根管などがあります。上の図は手根管を示していますが、このエリアで正中神経が物理的ストレスを受けると手のひらや指に痺れを生じます。これは手根管症候群と呼ばれますが、手のしびれの原因として一般的によく知られています。

筋膜

筋膜

筋膜は皮膚の下にありますが、深層部はさらに深い領域にまで続いています。神経は筋肉や筋膜の間を縫って体中に枝を伸ばしていますが、隣り合う構造物は本来は滑り合う関係にあります。しかし人間の体内では様々な理由で軟部組織に癒着が生じることがあります。神経の通り道で筋膜の癒着が起これば、痺れを生じる原因となります。

手のしびれの治療法は?

手の痺れの治療においては特に、原因をしっかりと見極めることが重要になってきます。整形外科では実際には頚椎由来の痺れではないにも関わらず、手術を勧められるケースすらあります。

冒頭では手の痺れは首以外の構造が原因となっているケースの方が多いと書きました。しかし正確に説明すれば、実は抹消の神経の通り道でのストレスが主な原因である場合でも、頚椎や椎間板が悪影響を及ぼしているケースが多く存在します。

神経という川の源流が若干せき止められる事で、その流れの先ではよりせき止められやすくなる、と説明すればイメージしやすいと思います。実際に手の痺れに関しては、どこか一箇所にのみ100パーセントの原因がある、というケースの方がまれなのです。

いずれにしても手の痺れの治療では、神経を物理的なストレスから開放することが目的となります。

頚椎周辺に問題がある場合はそのエリアを整えるだけでなく、体全体を調整する必要があります。頚椎にかかるストレスを増幅させている、体全体としての歪みの問題が隠れているはずだからです。

歪みや抹消の軟部組織に問題がある場合は、無論その部位にアプローチしますが、それに加えて頚椎もケアした方がより良い結果が期待できるでしょう。

明らかに姿勢に問題がある場合は姿勢矯正も必要です。不良姿勢によって頚椎の領域だけでなく、その先の通り道でも神経はストレスを受けやすい環境になってしまうからです。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4