坐骨神経痛について

坐骨神経痛

坐骨神経は体内で最大の神経です。腰椎と仙骨の両脇から出た神経が合流して束になって坐骨神経を形成します。この神経は枝分かれしながら足先まで伸びて行きますが、理由が何であれ物理的なストレスにさらされると、足のしびれや筋力低下の原因となります。

私があえて坐骨神経のページを作ったのは、整形外科などではお尻や太ももの裏などに症状があると、全てまとめて「坐骨神経痛」で片付けられてしまう事をよく知っているからです。そこでみなさんは納得してはいけませんよ。坐骨神経痛はあくまで「状態」であって「病名」ではありません。つまり問題は「何が原因で坐骨神経痛が起こっているのか?」という事です。

その部分をしっかりと特定しない限り、当然ながら有効な治療が出来るはずもありません。

坐骨神経痛の原因

ここでは坐骨神経痛の原因となる構造や組織を挙げてみたいと思います。

椎間板

坐骨神経痛

椎間板が膨らんだり、はみ出したりする事で坐骨神経を形成する前の、神経根の部分に物理的ストレスを与える事があります。神経はストレスを受けている部位よりも抹消で症状が現れますので、この場合も坐骨神経痛の状態となります。

正確には「椎間板ヘルニアによって、坐骨神経に沿った神経症状が生じている」という状態ですが、診察を受けた病院によっては単に「坐骨神経痛」という言葉のみで片付けられてしまう事もあるでしょう。

梨状筋

梨状筋

上の図は骨盤エリアを後ろから見た状態ですが、赤い筋肉が梨状筋です。その下を通っている黄色いラインが坐骨神経ですが、図を見ていただければ梨状筋によって坐骨神経が物理的に影響を受ける可能性があるのは容易に想像できるでしょう。この筋肉が原因となって坐骨神経痛の状態になる事を梨状筋症候群といいますが、受診した病院では「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」と診断されてしまうケースが多いでしょう。

中殿筋

中殿筋

中殿筋は骨盤の上縁から股関節の外側に向かって付いていますが、この筋肉も状態によっては坐骨神経痛の原因となる事があります。ただこの中殿筋の上にはさらに大殿筋という大きな筋肉がカバーするように付いていますので、お尻周りの筋肉全体が坐骨神経にストレスを与える可能性を持っています。この場合も病院では「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」で片付けられるケースが多いでしょう。

後大腿皮神経

後大腿皮神経

後大腿皮神経は太ももの後ろ側の感覚を支配している神経です。この神経が物理的ストレスを受ければ、太ももの後ろに痺れや痛みを生じる原因となります。後大腿皮神経と坐骨神経とは別物です。ですが太ももの裏に症状が出るという事で坐骨神経痛と誤診されてるケースがほとんどですので、あえてこの項目に加えました。後大腿皮神経に問題がある場合は、症状は膝から下までは届きません。

坐骨神経痛の治療法は?

冒頭でも言いましたが、坐骨神経痛はあくまで症状であって答えではありません。まず何が原因で、どの構造が坐骨神経にストレスを与えているのかを突き止める事が出来て初めて、それに応じた治療を行うことが可能になります。

椎間板に問題がある場合は腰椎だけでなく、腰にストレスを与えている体の歪みやねじれなどの問題もクリアにする必要があるでしょう。

お尻周辺の筋肉に問題がある場合はその筋群だけでなく、股関節自体にも問題が隠れているケースがありますので、やはり全体としてのケアが必要でしょう。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4