足のしびれについて

下肢の神経

腰から下を支配する神経は腰椎と、その下にある仙骨の両脇から出ています。この神経がどんな理由であれ物理的ストレスにさらされると、太ももやスネやふくらはぎ、足の指などの痺れや筋力低下の原因となります。

整形外科などでは足の痺れは安易に腰のせいにされますが、そうでないケースもたくさんあります。実際に椎間板ヘルニアと診断されて手術を受けたにも関わらず、痺れは残ったままという方はたくさんいらっしゃいます。

まず治療以前にしびれの原因をしっかりと特定することが大切です。

足のしびれの原因

ここでは直接的に足の痺れの原因となる構造をいくつか挙げてみましょう。

椎間板

椎間板

椎間板のすぐ近くには末梢神経の根っこである神経根があります。椎間板の状態によっては神経根に物理的ストレスを与えてしまう事があります。このような状態になると、ストレスを受けている神経が支配する抹消の領域で痺れや筋力低下が生じます。この病態は一般的に椎間板ヘルニアとして知られています。

筋肉

梨状筋

腰椎や仙骨から出た神経はその後合流して神経の束を作りますが、坐骨神経もそのひとつです。坐骨神経はお尻の筋肉の下を通りますので、筋肉の状態によっては大きなストレスを受ける事があります。上の図の赤い筋肉は梨状筋を表していますが、この筋肉が原因となって足にしびれを生じる事があります。この病態は一般的に梨状筋症候群として知られています。

トンネル

足根管症候群

末梢神経は筋肉と筋肉の間、筋肉と骨の間などを通って体中に枝を伸ばしていきます。私たちの体の中には神経や血管、筋肉の腱が通るトンネルのような構造物がありますが、ここは神経がストレスを受けやすいポイントとなります。上の図は足根管という足にあるトンネルを表していますが、この領域で神経がストレスを受けると足にしびれを生じます。この病態は一般的に足根管症候群と呼ばれています。

椎間関節

腰椎

椎間板ヘルニアは椎間板の劣化の形のひとつです。いびつなストレスを受けた椎間板が、ある方向に膨らんだり、はみ出たりします。しかし更に劣化が進むと椎間板はヘルニアする力がなくなるほど薄くなってしまいます。

背骨の両脇から伸びてくる神経は、骨のトンネルを通って出てきます。このトンネルは上下の骨が半分ずつアーチを作っていますので、間にある椎間板が薄くなることで距離が接近してしまいます。そうなるとトンネル自体も狭くなって、ここで神経がストレスにさらされる事となります。

足のしびれの治療法は

それぞれの痺れの原因に応じた方法で治療する必要があります。足の痺れに関しては、たとえ抹消の軟部組織に主な原因があったとしても、腰自体のコンディションが何割かは関わっている可能性があると考えた方が良いでしょう。神経伝達を川の流れに例えれば、源流の部分での小さな問題が、抹消での問題に影を落としているケースが多く存在しています。

上記の梨状筋症候群や足根管症候群は本来は部分的な問題ですが、そうであっても腰自体も良い状態に調整する方が、より良い結果が期待できるでしょう。腰自体に問題があるケースでは、腰にかかるストレスを増幅させている体全体としての歪みや不均衡も整える必要があります。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4