腰痛について

腰痛

ひと言に腰痛といっても痛みの原因となる組織や構造は複数あります。腰の周辺が痛ければ「腰痛」という事になりますが、何に由来する痛みなのかを特定しなければ有効な治療は出来ません。

人間の背骨は24個の骨が連なって出来ていますが、腰椎は全部で5個あります。その下には仙骨があって、その両側には仙腸関節という骨盤の関節があります。痛みの原因がこの関節に由来するものであっても、患者様の自覚としては「腰痛」と感じます。しかしこのケースでは腰椎や腰の筋肉を操作しても当然良い反応は得られません。

腰は体の真ん中にありますから、上からも下からも影響を受けます。上半身や下半身がどれだけ歪んでいようと、腰は帳尻を合わせつつ、上と下のバランスを保たなければなりません。

根本的な治療を目指すのであれば、今現在の痛みの原因となっている構造を理解するだけでなく、腰にストレスを与えている体全体としての歪みなども改善する必要があるでしょう。

腰痛の原因

ここでは直接的に腰の痛みの原因となる組織や構造をいくつか挙げてみます。

筋肉

腰にはたくさんの筋肉がありますが、腰痛の原因としては起立筋や腰方形筋、腸腰筋などがメジャーではないでしょうか。腸腰筋は腰というよりもむしろお腹の奥にありますが、自覚としては腰痛と感じる事が多いです。

脊柱起立筋
脊柱起立筋
腰方形筋
腰方形筋
腸腰筋
腸腰筋

椎間関節

椎間関節

私たちの背骨にはたくさんの関節があります。背骨は体の柱ですから、可動性だけでなく同時に安定性も必要とされます。この二つの要素のどちらかに問題が生じると、関節は健全な状態ではなくなります。腰椎の関節の不具合は当然腰痛の原因となります。

椎間板

椎間板
椎間板は背骨の骨と骨の間にあります。腰椎に関しては一番下の椎間板、つまり第5腰椎と仙骨の間、そしてその上の第4腰椎と第5腰椎の間の椎間板が構造的にストレスがかかりやすい場所にあるので、他の部位よりも劣化が早い傾向があります。椎間板には痛覚があるので腰痛の原因にもなります。

仙腸関節

仙腸関節は骨盤の関節ですので、正確には腰痛には分類すべきではないのかもしれませんが、患者様の自覚としては「腰痛」と感じますので、あえて含めます。骨盤の歪み自体が痛みに直結する訳ではありませんが、関節である以上は痛みの原因となり得ます。特に女性が出産後に腰に不調を感じる場合は、実際には腰椎ではなく仙腸関節に問題があるケースが多いです。

腰痛の治療法は?

冒頭でも触れましたが腰は体の中心にありますので、「腰が痛い」=「腰が悪い」というわけではなく、必ず上半身や下半身に腰にストレスを与えている問題が隠れているものです。

もちろん今現在痛みが出ている部位にもアプローチする必要がありますが、根本的な治療を目指すのであれば、腰へのストレスを増幅させている体のバランス自体も改善させていく必要があるでしょう。

いわゆるぎっくり腰のように急激に痛めたケースにおいては、その腰痛が関節由来の場合は一度の施術でも良い反応が得られる傾向があります。ただ筋肉自体が肉離れのように損傷している場合は、回復にはある程度の時間が必要でしょう。

慢性的な腰痛をお持ちの方は、日常の姿勢や体の使い方にも原因が潜んでいるケースがほとんどです。ぜひとも良いクセや習慣に変えていきましょう。そのような部分も整体院ブリ-ズではアドバイスさせて頂きます。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4