腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニア

腰の骨、つまり腰椎やその下にある仙骨の両脇からは抹消神経が出てきます。この神経は束になったり枝分かれしながら抹消に伸びて行きながら、下半身の感覚や運動を支配します。

この神経の出口の近くには椎間板がありますから、椎間板が膨れたり、はみ出したりすると神経に物理的にストレスを与える結果となります。そのような状態になると、太ももやふくらはぎ、足などに痺れや痛み、筋力低下を生じる原因となります。

腰椎椎間板ヘルニアを原因とするしびれや痛みは、典型的には膝から下に生じる傾向があります。また足のしびれや痛みに先立って、まずお尻の部分に痛みを感じるケースが多いです。時間が経つと筋力も低下してきますので、階段が上りにくい等の症状も出てきます。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰は体の真ん中で上半身と下半身を繋いでいます。つまり上と下がどんなに歪んでいようがバランスが悪かろうが、腰は何とか帳尻を合わさねばなりません。

事故よって発症したようなケースを除けば、腰椎椎間板ヘルニアには体を全体として診た時の歪みや不均衡が必ず関わっています。外科的な手術においてははみ出した部分の椎間板を切除したりしますが、これは臭いものに蓋をする場当たり的な行為です。

椎間板ヘルニアはあくまで部分的な問題ではなく、全体的な問題です。背骨は24個の骨が連なって出来ていますが、例えばあらゆる物理的ストレスを24等分できていれば、椎間板ヘルニアは起こりません。ある特定の場所にストレスが集中してしまった結果なのです。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法は?

たとえ外科的な手術でヘルニアが起こった部位を切除したとしても、遠からず再び問題が生じる可能性は高いでしょう。根本的に腰の椎間板にストレスを与えている構造的な原因の部分が放置されたままだからです。実際に術後しばらくして再び痺れや痛みが始まった、という話はしばしば耳にします。

腰椎椎間板ヘルニアの治療においては、出来る限り腰にストレスのかからない骨格構造や筋バランスを取り戻す必要があります。そのためには整体の施術に加えて日常での姿勢や体の使い方にも気をつける必要があるでしょう。

実は椎間板ヘルニアは、椎間板の劣化の第一段階に過ぎません。さらに劣化する事でヘルニアよりも厄介な病態が待ち受けているのです。ぜひともここで食い止めて、これを機会に腰に優しい体のバランスや習慣を取り戻しましょう。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4