頚椎椎間板ヘルニアについて

頚椎椎間板ヘルニア

腕や手を支配する神経は、ほとんどが頚椎の両脇から出て、体の抹消に向かって伸びていきます。この神経の根っこを神経根といいますが、位置的には椎間板の近くにあるために、椎間板が膨らんだりはみ出たりする事で、神経根に物理的なストレスを与える事があります。

このうな状態に陥ると、神経は感覚と運動を支配していますので、ストレスにさらされている神経の支配領域にしびれや筋力低下を生じます。頚椎椎間板ヘルニアにおいては肩や腕、手などに痛みや痺れ、不快な感覚などを生じます。加えて時間が経てば筋力も落ちてきます。

傾向としては頭の位置や首の動きによって症状に変化が見られる事が多いです。整形外科では腕や手の痺れは簡単に首のせいされますが、そうでないケースもたくさんありますので鑑別には注意が必要です。

頚椎椎間板ヘルニアの原因

事故によって発症したケースを除いて、椎間板ヘルニアには必ず体を全体として診た時の歪みや不均衡、誤った姿勢や体の使い方などが大きく関わっています。特に頭の位置によっては首には大きなストレスがかかります。

例えば猫背気味な丸い背中の方であれば、頭の位置は相対的に前方に移動していまいますので、頚椎には大きなストレスがかかってしまいます。

あなたがもし姿勢は良いはずなのに頚椎椎間板ヘルニアになってしまった、という場合はストレートネックかもしれません。頚椎の前カーブの湾曲がない事も椎間板にはストレスとなります。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法は?

私たちは重力のストレスからは逃れられません。だからこそ、そのストレスを体全体でバランス良く分担する必要があるのです。しかしそのバランス分担が破綻して、ストレスがある特定の部位に集中してしまった結果、椎間板がヘルニアを起こしてしまうのです。

実は椎間板ヘルニアの治療において難しい事は何もありません。施術としてはヘルニアを起こした椎間板が最大限回復できる環境を作る、という事に尽きます。もちろん日常の姿勢や座り方なども改善すれば、さらに短い時間で回復できるでしょう。

もちろん整体院ブリーズでは正しい姿勢の保ち方や座り方などもアドバイスさせて頂きます。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4