椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニア

椎間板は背骨の骨と骨の間にある軟骨ですが、動的クッションのような役割を果たしています。この椎間板は加齢とともに劣化して、サイズも薄くなってきます。しかし特にストレスが集中した場所の椎間板はひときわ早く劣化が起こります。その過程で椎間板がある方向に膨らんだり、はみ出したりして神経にストレスを与えると、しびれや筋力低下を生じる原因となります。

この病態を椎間板ヘルニアと言います。人間の背骨には特に椎間板に負荷がかかるポイントが二つ存在します。ひとつは頚椎の下部、もうひとつは腰椎の下部です。

脊柱

ちなみに骨格や姿勢に特に問題のない健康な方であっても、この二つのポイントにある椎間板は、他の椎間板よりは劣化が進んでいるものです。それを思えば、姿勢や骨格に歪みやねじれなどのリスクを持っている方は、むしろいつかは問題が起こって当然とさえ言えるかもしれません。

手のしびれや足のしびれで整形外科に行かれた事がある方はご存知でしょうが、レントゲンを撮られた後、必ずと言ってよい程こう言われます。「椎間板がうすくなってますね・・・」

そして手の痺れがある方は首の牽引、足のしびれがある方は腰の牽引をされます。加えて電気治療が行われることもありますが、いずれも椎間板ヘルニアの治療にはなりません。もちろん通っている間に自然治癒する事はありますが。

椎間板ヘルニアの原因

事故などによって発症したケースを除けば、椎間板ヘルニアには必ず体全体の歪みや不均衡、日常での姿勢や体の使い方が大きく関わっています。椎間板はひとりでにはみ出したりはしません。はみ出さざるを得ない環境に置かれたからはみ出したのです。

つまりヘルニアした椎間板は被害者であって、その上下の歪みの構造や不均衡なバランスこそがもともとの問題の源なのです。

椎間板ヘルニアの治療法は?

椎間板ヘルニアは部分的な問題ではなく、全体的な問題です。椎間板自体はどんな環境に置かれようと、他の人体の組織と同じく、自ら回復しようとしてくれます。しかしそれを許さない骨格的な歪みの構造や、日常での体の使い方などのマイナス要素が必ず存在するはずです。

そのような要素をトータルで出来る限りクリアにする事が椎間板ヘルニアの根本的治療に繋がります。

(下記のページも合わせてご覧下さい)

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
大阪市の整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4